« スタイルを再々更新 | トップページ | サックスの練習で顔の形が変わった? »

2005.09.30

レッスンの記録(10回目)

10月28日にレッスンがありました。
今回で5月以来、10回目のレッスンになります。
今日の課題は以下です。
<Finger Training>
中音部と高音部の両方がある曲を吹く前段の基礎練習として、中音部と高音部を行ったり来たりする練習。
これはもう練習しかありません。
一箇所だけ押す中音の「ド」から全部のキーを押す「レ」への移行もスムーズにできるようになってきました。
<Rhythm Training>
吹く音は中音の「ド」だけですが、4分音符、8分音符、4分休符、付点4分音符がいろいろ組み合わされたリズムを間違いなく吹く練習。
メトロノームの拍の音と音の出だしが一致している場合は易しいのですが、組み合わせによっては、メトロノームの拍の音が吹いている音の途中になる場合があり、リズム感が身につかないと狂ってしまいます。
メトロノームの音と3人の音が交じり合った中での練習なので、自分のペースを冷静に守るように自分に言い聞かせてやりました。
3人が吹くと、落ち着いて耳を澄ませないとメトロノームの音も聞こえ難くなります。
<新しい音>
高音の「レ」を習いました。
この「レ」も加えて、ハ長調の低音「ド」から高音「レ」までを行って戻るスケールの練習。

高音「レ」以外は全て連日予習してきたことなので、順調に消化できたのですが、連日予習してやっとレッスンのスピードについて行けているので、これからも予習が欠かせません。

今日は先日買ったメトロノームを持って行って、他の二人の参考にしてもらいました。
帰りに3人で楽器店に寄って、他の二人もそれぞれ好みのメトロノームを買いました。
昔からある針がキッコンカンと動くのは、針を目で追って練習するとその癖がつくので注意するようにと先生がおっしゃっていました。
最終的には身体の中にリズム時計ができたような感じになることだと思っています。
私は今はエレクトーンのリズムを刻む数字と合っているかに注意して吹いています。だんだん体内時計もできつつあると思うのですが、異なる長さの音符が連なると、なんかの拍子に1泊ずれたりしています。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッスンの記録(10回目):

コメント

コメントを書く