« 基本料理の会(洋風・中華風)8月度 | トップページ | 英語読みしか記載されない楽譜 »

2006.08.27

シニアサックス同好会の暑気払い懇親会

先日のレッスン日(8月23日)はレッスンの後で、私達の後でレッスンを受けるグループの人達と合同で「(仮称)シニアサックス同好会」の暑気払い懇親会を行いました。今年の新年会以来の懇親会です。
私達の後のグループは私達より1年先行していますが、最高齢の方が76才、次の方が74才で全員60才台以上ということで、まさにシニアのグループです。そのグループが現在練習しているのが「ウォーターメロンマン」とのことで、その頑張りに刺激をいっぱい受けました。
皆さん子供の頃はお金がなくて、楽器をやりたくても楽器を買うお金が無かった、今夢が実現しているということで、生き生きされていました。中には一つの楽器では飽き足らなくて複数の楽器を練習されている方もいます。
こういう話を聞くと、戦後復興のなかで日本は本当に豊かになったなと実感します。
ここ10年を見ても、3ナンバー車が著しく増えました。5ナンバー車でも十分走るのに、皆さん贅沢だなと思ってしまいます。私の子供の頃は、車どころかタクシーに乗ることが超贅沢でもありました。

いろいろ話しているうちに、ジャズもいいけれど、たまには歌謡曲も吹きたいね、という話になりました。それで、来春の発表会時には全員で「夜霧よ今夜も有り難う」を吹きたいので、番外編として「夜霧よ今夜も有り難う」を教えてくださいと、お互いのグループで歩調を合わせてお願いしてみようということになりました。
歌謡曲を吹くだけなら簡単そうですが、人が聴いて「いいな」と思ってもらえるように吹くのは難しいねとも話しました。
この同好会メンバーそれぞれの娘、息子世代よりまだ若い私達の師匠は応えてくれるでしょうか。真剣に直訴してみようと思います。
師匠にキチンとジャズを教わりながら、息抜きに歌謡曲も教わることができればと思います。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シニアサックス同好会の暑気払い懇親会:

コメント

TiTi さんへ
ある70代のシニアの方は「これからは仕事ではないのだから、恥をかくことを楽しんでやる」と言っていました。下手でも人前で吹いて皆と楽しむのだそうです。
次回は忘年会をやることにしています。

投稿: manchan | 2006/08/28 13:36:33

シニアの方は本当にお元気ですよね。

先日、私の教室でも交流会があり、20代から60代が集りましたが、年齢の上の方ほど元気でした。

ご苦労が多かった分、今ではゆとりを持たれて生活され、日々をエンジョイされている感じがします。

歌謡曲もいいですね。
ひょっとすると、曲想は先生より皆さんの方が詳しいので、先生の反応が楽しみです。

投稿: TiTi | 2006/08/28 7:03:14

きんかん さんへ
普通に町の中を走るのなら5ナンバー車で十分ですよね。地球温暖化のことを考えても、その方が良いです。
この時代に生きたことを感謝しつつ、この時代がこれからも続くように、皆の努力、協力が重要と思います。

投稿: manchan | 2006/08/27 17:54:14

みなさん、すごいですね。
>子供のころはお金がなくて・・・
本と、それを考えると今は豊かですよね
楽器も、学校にボロいけど一応あるし、それどころか、大体は個人もちですもん(だいたい親が買ってくれますよね)

欲求があってもすぐに応えられちゃうこの時代・・・ハングリー精神って、今はないかも?

車といえば昔は「いつかはクラウン」だったのが、今は「いきなりクラウン」ですもんね

私はいまだに5ナンバーにこだわっております(運転が下手だからw)

投稿: きんかん | 2006/08/27 13:15:29

おじさんのサックス さんへ
これからのシニアの活躍、予測はつきませんが、いろいろ興味深いですね。
もう一つのグループにも幹事を決めていただき、私のグループは私が幹事をしてまとめています。
まだ2回懇親会を開いただけですが、これからも皆元気で楽しくやれたらと思っています。

投稿: manchan | 2006/08/27 12:26:47

シニアサックス同好会、いいですねェ~・・・、
ご近所なら何が何でも参加させていただくところです。

私のころも、ビートルズ、グループサウンズ、演歌・・・、
聴く音楽は満ち溢れていたのですが、自ら楽器迄では無かったです。
27年生まれの弟が高校時代にギターを始めたのを思いだします。

青春時代、楽器を横目で眺めていた団塊の世代、
ますます、これから音楽や楽器を目指す仲間が増える様に思います。

投稿: おじさんのサックス | 2006/08/27 7:35:18

コメントを書く