« 楽譜を見るための眼鏡 | トップページ | 一日の進歩には限界があるようです »

2006.10.02

掃除機

朝早くから会社に出かける生活でなくなり、年金以外収入がなくなった我家での平和を保つため、トイレ掃除、部屋掃除、食器洗いは主に私の仕事になりました。
食器洗いの方はいろいろ工夫をすると楽にできるし、また自然乾燥や後片付けのことを考えて水が残らないように、また同じ種類の食器は同じところにまとめて置くなど、洗う順番と置き方を工夫すると、自然乾燥もしてくれるし、乾燥後の片付けも楽になります。
ところが掃除は楽になる余地が少ないというのがやってみての実感です。
以前の掃除機が壊れかかったのと使い難いので、最近掃除機を更新しました。近くのY電気の店員に以前気分を悪くしたことがあったので、品物と価格だけを見て、実際にはYカメラで買おうと思っていたのですが、近寄ってきて対応してくれた女性店員の説明がとても親切で顧客本位なのが気に入り、こんな店員もいるのかと思って、その場で買ってしまいました。
061002dysonそれがこのイギリス製の Dyson です。安い掃除機からすると数倍する高価格なものですが、なんとか掃除を効率的にやりたいとの一心でこれに決めました。
帰ってきて、早速使いましたが、吸引力は抜群です。いままで除去するのに苦労した絨毯のゴミも簡単に取り除いてくれます。排気ガスもきれいで、ゴミも捨てやすく性能には満足しています。
でも、掃除機は、吸い込み口だけだと楽なのですが、本体とコードが一緒についてくるので、これがとても煩わしいです。最近はコードレスのものもありコードの問題は電池技術がもっと進歩すると将来はもっと一般化してくるかもしれません。でも本体と吸い込み口とを分離することは掃除機である限り不可能です。
分かってはいるのですが、この本体をゴロゴロ引っ張りながらの掃除、狭いところなど場所に応じて吸い込み口を取り替える煩わしさ、掃除はなかなか好きになれません。
吸い込み口を持つだけで、ゴミは所定の場所の本体に吸い込まれる、ドラえもんなら出してくれそうな掃除機がないものかと掃除をする度に思います。
食器洗い、掃除、洗濯と家事労働をやってみて、掃除だけは合理化余地が少ないことを実感しています。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掃除機:

コメント

おじさんのサックス さんへ
本当に掃除は簡単ではないですね。
フローリングの拭き掃除ですか。我が家ではクイックルワイパーも使っています。
ほこり、ごみというのはいつの間にかたまるものですね。
会社に行かない生活はこれからまだまだ変化して行くと思いますが、サックスを始めたおかげで、当初予想もしなかったさらに面白い方向に展開を始めています。

投稿: manchan | 2006/10/04 8:23:15

昨日はメンテで入力不可、で、遅れコメントで失礼です。

我が家でも掃除は私のお仕事になりました。

掃除機は相当の年代モノ、
前輪の動きが鈍くなってきて、
引っ張ってもアチコチにぶつかり、
イライラ・ムカムカの連続なのです。

フローリング床の拭き掃除、
腰痛体操のつもりで四つん這い、
これも中々結構な重労働であります。

投稿: おじさんのサックス | 2006/10/04 7:30:45

kaori さんへ
Dysonの色は価格別になっていて、一つの価格には一つの色しかないのだそうです。色を見ると標準品なのか、機能追加品なのかが分かってしまいます。
部屋を閉め切っても空気を汚さない優れものだそうですが、音はかなり大きいです。強烈な音なので一生懸命掃除しているという気分になります。
家事を一切笑顔でやってくれる奥様、私の理想です。給料を持ってこない立場になった私の場合「メシ、フロ、ネル」が許されなくなったのです・・・・・・ 家事を楽しみに変え、濡れ落ち葉でない生き方をしなくては・・・・、まだまだ模索が続きます。

投稿: manchan | 2006/10/03 18:45:30

おぉ~。ダイソンの掃除機!!!
羨ましい~。最初に発売された時から、あの黄色のライン。ずっと憧れてました(笑)今は色も種類も色々あるんですねー。ずーーーっと欲しいと思いつつ。。今使っているものもまだまだ使えるし、値段も・・・www

でも、次に買うのは絶対サイクロン式のもの、と決めてます。これって、普通の国産の物より、ホースの収納もちゃんとできるし、小回りきいて使いやすいと思いますよー。

あぁー、でも、いいですね。家事を手伝ってくれる旦那様。奥様が羨ましいですwww

投稿: kaori | 2006/10/02 22:01:42

コメントを書く