« サックス レッスンの記録(44回目) | トップページ | サックスのリードでまた新たな発見 »

2007.03.02

他の音を聞く訓練の効果

先日のサックスレッスンは3週間振りのレッスンでしたが、今までになく、師匠や他のメンバーの音が聞けていることを実感しました。半音階の音出しでも、途中で1音スキップしてしまいそうになりましたが、直ぐ異常に気が付き修正できました。以前だと気が付かずに最後まで吹いて1音早く終わってしまい、アレレということもあったのですが、今は周りと合わないと気持ちが悪いというように、耳が変わってきたようです。

自分の耳が改善されたとして、この原因を考えてみると、以下の二つに思い当たります。

  1. 1月の後半から基礎練習中は必ずメトロノームをかけ放しにして、メトロノームが刻む拍の音に注意して練習しています。このことが耳の改善にもつながったのかもしれません。
  2. 12月から加入したオンライン・トレーニングで模範演奏が聴けますが、これに合わせて吹く練習もしています。この時も模範演奏の音に注意しながら練習しています。うまく演奏できた時は模範演奏と自分の音が重なって、模範演奏の音は聞こえない感じになりますが、模範演奏から外れると模範演奏の音が聞こえるので、外れたことが分かります。この練習も耳を鍛えるのに効果があったかもしれません。

この耳の変化が本物か、今後のレッスンで確認しようと思います。レッスンでの楽しみが一つ増えました。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他の音を聞く訓練の効果:

コメント

コメントを書く