« サックス レッスンの記録(49回目) | トップページ | サックスの練習で他の音を聴く訓練 »

2007.05.18

おそうざいの会(5月度)

料理への挑戦、3年目が始まりました。
今年度から「基本」という冠がとれた「おそうざいの会」です。1年間で45種の料理を教わります。
同じテーブルになった2人の方は4年目とのことで、私より料理の先輩です。もう1名は欠席でした。

今回習ったレシピーは、以下です。
・切り身魚のみそ漬け
・厚揚げのいんろう煮
・キャベツとわかめのしょうが風味
・えんどう豆ごはん

「切り身魚のみそ漬け」はメロ(銀むつ)を使いましたが、とても美味しくできました。この「みそ床」のレシピーはいろいろな魚や肉に応用できるので、やってみようと思います。
「厚揚げのいんろう煮」はなかなか手が込んだ料理でしたが、これも美味しくできました。私にとっては始めて食べた料理かもしれません。厚揚げをくり抜き、そこに豚のひき肉とねぎ、くり抜いた豆腐などを混ぜたものを入れ、煮て作りました。付け合せのぜんまい(水煮)を1~2分ゆでる工程を忘れてしまいましたが、材料が水煮のものだったので、味は事なきを得ました。
「キャベツとわかめのしょうが風味」はかつおのだしとしょうゆであえましたが、美味しくできました。
「えんどう豆ごはん」はえんどう豆の緑を大切にする観点から、塩水でゆでたえんどう豆をごはんに混ぜる方法で作りました。炊き込む作り方もあるそうですが、これだとえんどう豆が変色するものの、えんどう豆の香りと味がごはんに移るのだそうです。我が家で今まで食べたえんどう豆ごはんはこちらです。

今回は3人だったので忙しかったですが、それぞれ今までの経験があるので、無言の内に分担ができ、手際よくやれるようになってきているのを実感しました。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそうざいの会(5月度):

コメント

コメントを書く