« シニアの生活は忙しい | トップページ | 弱い音のロングトーン 弱い音での曲練習 »

2008.02.25

男の料理教室「おそうざいの会」(2月度)

2月21日(木)は料理教室の日でした。
今月の献立は、
・焼き鮭のレモンじょうゆ
・しらあえ
・高野豆腐の揚げ煮
・あさりのみそ汁
で、いわゆる1汁3菜の献立です。
どれも簡単にできそうで、やってみるといろいろ手間がかかる料理でした。

「焼き鮭のレモンじょうゆ」は、焼き鮭にねぎ、アスパラガス、まいたけを炒めたものを添え、レモン汁、しょうゆ、みりんを混ぜたものをかけて作りました。これには私はあまり関らず、塩をした鮭の水気をキッチンペーパーでふくこと、アスパラガスの茎の皮を剥くことくらいしかやりませんでした。

「しらあえ」はにんじんやこんにゃくを短冊切りにするのはやったのですが、肝心のとうふをすりばちでする操作は、私が担当して「あさりのみそ汁」をレンジのところで作っている間に他の人がやってしまっていたので、体験できませんでした。
こんにゃくはそのままでは生臭いので、1~2分ゆでて生臭さを取ることを知りました。

「高野豆腐の揚げ煮」は高野豆腐にかたくり粉をまぶし、揚げるところを担当しました。また、だし、砂糖、みりん、しょうゆを加え煮るところもやりましたので、ほとんど、これは私が担当したようなものです。

「あさりのみそ汁」はあさりを洗って、ゆでて、味噌を加えるといった簡単な一連の操作で、分担して作るというものでもないことから、私が椀に盛り付けるところまで全部担当して作りました。
ただ万能ねぎの小口切りは知らない間に別の人がやってくれていました。

出来上がった1汁3菜の膳は食べ甲斐があり、お腹が一杯になりました。

この「おそうざいの会」ですが、後2回で終わりです。
来期のコースの勧誘があり、私は「家庭料理の会」を申し込みました。これは洋風・中華のコースです。
この家庭料理の会が終わると、和食の基本とおそうざい、洋風・中華の基本と家庭料理の全4コースが終わり、これで男性だけのコースは終わりです。
その後は老若男女の区別がないコースの選択になりますが、魚料理の会など楽しそうなコースがいろいろあり、今後も1年に1コースを目標に受講して行こうと思います。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理教室「おそうざいの会」(2月度):

コメント

コメントを書く