« 煙が目にしみる | トップページ | サックスキングダム »

2008.04.19

男の料理教室「おそうざいの会」(4月度)

4月17日は料理教室の日でした。今回で「おそうざいの会」は終了で、終了証書をもらいました。

今月の献立は
・たけのこごはん
・新じゃがと豚肉の照り煮
・さわらの木の芽焼き
・若竹汁
で、旬のものを使った料理です。

「たけのこごはん」は鍋で中火(14分)⇒弱火(17分)⇒瞬間的に強火(5秒)とコンロの火の勢いを調節して炊きました。

「新じゃがと豚肉の照り煮」と「さわらの木の芽焼き」はしょうがを切ったり、調味料を合わせたりの準備はしましたが、煮たり、焼いたりは他の方がやりました。

わかたけ汁はだしをとるところから始めて、盛り付けるまでほとんど私が作りました。
この料理教室に行くようになって知った味ですが、だしをうまくとって作ったこのような汁はとても美味しいです。塩分が控えめで、だしのうまみが感じられられて上品な味がします。
血圧に注意しなければならない私は塩を控えるのが課題ですが、このような汁を飲むと、塩が作る味が分かるようになってきました。この汁にあと少し塩を加えると、だしの味が薄れて塩の味を感じると思ったからです。この塩の味から脱しなければと思います。

相変わらず家では料理はせず、もっぱら皿洗いだけですが、最近は素直に「美味しい」と褒めることばが出るようになりました。料理を習って、調味料の合わせ方で美味しさが全く違うことが分かったので、本も見ずに美味い味の料理を出されると、「美味しい」の言葉が自然に出るようになりました。

来月からは料理教室もサックスのレッスンも4年目に入ります。
今度は「家庭料理の会」で、洋風、中華の本格的な料理のコースです。
ネットで見ると、この春に開講する男性コースはどのコースも満員になっていました。

なお、3月の料理教室の記録が抜けていることに気が付きました。献立だけを記載しておくことにしました。
・赤飯
・かき揚げ(むきえび、春菊、まいたけ)
・つくねと生麩の煮もの
・青菜と桜えびのあえもの

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理教室「おそうざいの会」(4月度):

コメント

コメントを書く