« 孫に接して思うこと | トップページ | 男の料理教室「家庭料理の会」(7月度) »

2008.07.25

サックス レッスンの記録(78回目)

毎日猛暑が続いています。
雨が降らないので、団地の植栽が弱ってきて、早朝から水遣りのボランティアを動員したりで凌いでいますが、雨が降ることを待ち願っています。

ところで、先週の水曜日はサックスレッスンの日でした。7月16日のことなので、もう1週間以上も前のことなのですが、掲載しないまま、日が経ってしまいました。
もともとこのレッスン記録がこのブログの目的の一つなので、なんとか休まずレッスン記録は続けなければと、遅ればせながらの、記事掲載です。

今回もまたまた一人のレッスンでした。もう一人の方がこのところ休み勝ちになり、ちょっと心配です。
師匠を1時間独り占めにしてのレッスンで、何時もより対話の多いレッスンとなりました。
先ず、私のScale時のタンギングが早い問題です。一瞬タンギングが早く聞こえるとのことです。いろいろ話していて、私の場合、マダマダ息の圧力が不足していて、リードが音を発するのが僅かに遅れているのが原因ではないかと思い至りました。
最初は師匠は息のスピードと表現されましたが、私が息の圧力と感じると言ったら、同じことではないかとにことでした。
数ヶ月前に弱い音の練習が不足していたことに気がつき、その練習をしたことの弊害かもしれないとの話もしましたが、弱い音だからといって息のスピードが落ちるのではないので、弱い音といってもお腹での息の圧力の支えが大切なことを改めて認識しました。ストローの先に息を吹き込む感じとか、日頃いろいろ考えながらやっていることなど話しましたが、やはりサックスの基本はお腹で息を一定の圧力に保ち続けることだと再認識し、ロングトーンを根気よく練習する思いを新たにしました。
今回は音出しの瞬発力がある息の支えをもっと鍛えなければと気が付いたことは収穫です。息のスピードと表現されることが多いですが、私の場合はスピードの意味をこのように理解すれば良いのだなと、取り敢えずは思って練習することにしました。

今回からLESSON 5に入りました。低音のシ♭からミ♭までのFinger Trainingで、左右の小指がとても疲れる練習です。小指の滑らし方を教わりましたが、長い時間は練習を続けられません。
080725rhythm1 さらにRhythm Traingも少しやってみましょうということになり、またまた裏拍を感じる訓練の大切さを実感しました。この楽譜のようにLESSON 5のRhythm Traingは音の出だしが裏拍のRhythmがたくさん並んでいます。
師匠が手で拍を叩いて、手拍子の音が出て(表拍)、手が開いた時(裏拍)に音を出す練習もしました。メトロノームをかけて、裏拍のタイミングで音を出す練習もすると良いとのコメントをいただきました。
このような練習メニューを教わると、基礎練習の課題が多くなる一方ですが、基礎練習を一杯しないとやはり上手くなれないことが分かります。

曲は「煙が目にしみる」に入りました。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サックス レッスンの記録(78回目):

コメント

コメントを書く