« 男の料理教室「家庭料理の会」(7月度) | トップページ | サックス レッスンの記録(79回目) »

2008.08.04

サックスの基礎練習

先日のサックスのレッスンは一人だったので、師匠との話も多かったのですが、基礎練習の話もしました。
基礎練習と言えば、ロングトーン、スケール、タンギングとなりますが、これに加え、今教室で教わっていることを加えると、
・スケールでは特に歯切れ良い音出しに留意して、拍の頭の音の遅れがないようにすること。メトロノームのピッという音と各音出しがピッタリ一致すること。
・タンギングでは同じテンポを保ったまま、4分音符、8分音符、3連符、16分音符で音を切って行く練習。
・このタンギングの要領で、ビブラートで同様に各音符の長さでビブラートをかける練習
・裏拍を的確にカウントできるように裏拍の時に音を出す練習(-♪-♪-♪-♪といった感じ)。
・Rhythm Traing レッスン5で、裏拍を特に重視した楽譜が登場しています。
といったことが加わり、これを真面目にやっていると、1時間の練習時間はアッと言う間に過ぎてしまいます。
私:基礎練習を真面目にやる方が、やはり上達するのでしょうね。
師匠:そうです。
私:でも基礎練習はつまらないですね。
師匠:たまに基礎練習が楽しいという人がいますね。でも、そのような人は曲の練習をしないので、何時までも曲が吹けないとかということもありますし・・・・
私:基礎練習をやって、自分の壁を突破する努力をしないと何時までもレベルアップしないし・・・・

答えが出るのではないですが、こんな話をして、「やはり、基礎練習を真面目にやるしかないか」と師匠に話を聞いてもらって、自分に言い聞かせました。
相変わらずサックスの練習時間は1時間確保するのがやっとの毎日ですが、基礎練習と曲練習を30分ずつやっています。基礎練習全体をやると、30分では足らないのですが、息長く続けることで、効果は出るだろうと、毎日基礎練習のメニューを調節しながらやっています。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サックスの基礎練習:

コメント

TiTi さんへ
急にできるようになるということはありますね。
人間の学習能力の不思議の一つですね。それを信じて、頑なに基礎練習を続けようと思っていますが、最近は時間が限られているので、気長に、くじけずやって行こうと思っています。
3年前に較べれば、リズム感も随分進歩したなと思えることもあります。

投稿: manchan | 2008/08/05 21:20:01

私もいつも限られて時間の中での練習内容が気になってます。
先生からは、どれもまんべんなくと言われてますが、限られた時間では難しいですね。
どの練習にしても、運転能力の低下しているオヤジはよけいに時間がかかります(汗
でも、急にできるようになったり…
やはり、集中力でしょうかね(笑

投稿: TiTi | 2008/08/05 19:27:30

コメントを書く