« サックス レッスンの記録(81回目) | トップページ | 今年のスイカ栽培顛末記 »

2008.09.01

男の料理教室「家庭料理の会」(8月度)

8月28日は料理教室の日でした。今月の献立は
・とうもろこしのリゾット
・豚肉のソテー マスタードソース
・マッシュポテト
・ラタトゥイユ
です。
リゾットは米をアルデンテに炊くのがポイントで、スープを何回にも分けて追加しながら煮ることや、追加するスープはアツアツ状態で追加するなどのコツを教わりました。
豚肉のソテーは、焼き加減が難しく、焼きすぎたのか、少し固くなりました。
マッシュポテトでは、ジャガイモを薄く切ってゆでたのですが、柔らかくなるまで、意外と時間がかかることを体験しました。
発音が難しいラタトゥイユという料理は初めて知りましたが、ラタトゥイユというのはフランス語で、野菜の蒸し煮の料理です。約20分コトコト弱火で煮て、美味しくできました。

同じ調理台の一人は奥さんが未だ現役のため、リタイア後は主夫をしているそうで、その目的で料理を習っているとのことでした。
もう一人は、自活力を高めるため、奥さんの指示で料理教室に参加。教室で習った翌日には復習で同じ料理を作る義務が課せられているのだそうですが、これは苦痛とのこと。自分にはもっとやることが他にあるのではないかとの気持ちが湧くのだそうです。
私は今のところ自宅では作っていませんが、料理教室に通うのも4年目になると、だんだん料理を億劫に思う気持ちが薄れつつあります。将来は進んで作る日もあるかなと思います。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理教室「家庭料理の会」(8月度):

コメント

コメントを書く