« サックス レッスンの記録(84回目) | トップページ | サックスでのアドリブ演奏への憧れ »

2008.10.23

男の料理教室「家庭料理の会」(10月度)

今日23日は料理教室の日でした。
今日の献立は
・きのこのピラフ
・かにクリームコロッケ
・トスカーナ風ミネストローネ
でした。

「きのこのピラフ」は、しめじ、まいたけを使いました。
約20分、弱火でコトコトお米を炊いて5分間蒸して出来上がりです。

「かにクリームコロッケ」はポイントとなるホワイトソースを担当して作りました。バターと薄力粉を弱火で丁寧に炒めた後で牛乳とスープの素を加えるのですが、根気よくやってうまく作ることができました。
最後に揚げる時も油の温度は150℃程度の低い温度で揚げました。

「トスカーナ風ミネストローネ」は私が[かにクリームコロッケ」のホワイトソース作りのためにガスレンジに張り付いている間に他の人の手で出来上がったので、私は何もしませんでした。

今日の献立は私の息子夫婦や孫に好評のような気がしますので、息子夫婦が来た時に作ることを計画しました。
今日の料理でも使いましたが、我が家には「穴あき木べら」と「ゴムべら」がないので、これを買って帰りました。
また勧められるままに、「肉料理」、「秋冬のかんたんおかず」という本も買いました。2冊も買ったので同じ調理台の人から「知識だけを持ってもダメですよ」と貴重な忠告も受けました。
実のところ、私はロース、サーロイン、ヒレとかの肉の種類もよく知らないでいますので、この際勉強しようと思ったのです。図解で肉の位置が記されている本を買いました。この本によると、正しく肉の種類を選んで食べることが長寿の秘訣とのことです。
「秋冬のかんたんおかず」は酒の肴になりそうないろいろなレシピーが載っていたので衝動買いです。ほとんどの献立が2人前なので、夫婦二人用としても適切と思いました。

自宅では未だに料理はほとんどしていませんが、自ら進んでやる気持ちになりつつあります。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理教室「家庭料理の会」(10月度):

コメント

コメントを書く