« サックス レッスンの記録(88回目) | トップページ | レジェールリード »

2008.12.26

男の料理教室「家庭料理の会」(11月度,12月度)

12月25日は料理教室の日でした。
11月度の料理教室の記録を忘れていたことに気が付きましたので、11月の記録も一緒に掲載しておくことにしました。

12月の記録
12月の献立は以下です。
・シーザーサラダ
・ビーフシチュー
・クレープのオレンジソース
今回はビーフシチューがメインの献立で、後の二つは簡単にできる料理でした。ビーフシチューは一般的にはコトコト半日ほど煮て作るそうですが、料理教室は2時間で作らなければならないので2時間でも美味しくできる作り方を教えてくれるとのことでした。
先ず、肉に塩、胡椒をし、赤ワインと油をもみ込み、次に煮込む前にフライパンで肉の表面を焼きました。そしてこの肉を煮込んでいる間に、ジャガイモやニンジンなどのその他の食材を準備して追加し、合計1時間20分ほど煮込んで仕上げました。
肉を焼く時、赤ワインを加えフランべすることを初めて知りました。焼いている肉に赤ワインを加えるとアルコールが蒸発して火が着きます。これでアルコールだけが燃えて、ワインの香りや風味だけが残るということですが、私達の場合はうまく火が着きませんでした。講師がやった場合は見事に火が着いて面白いなと思ったのですが、火を着けることにこだわると、肉が焼け過ぎるとのことで、火が着かないままアルコール分を飛ばして終わりにしました。
テレビの料理番組等で、肉にワイン等をかけて火が着くのを見たことがありますが、これを「フランベする」というのだと初めて知りました。

シーザーサラダはロメインレタスとフランスパンをドレッシングであえたものですが、ドレッシングも簡単にできて美味しいサラダができました。
クレープのオレンジソースは私が他のことをやっている間に出来上がっていましたが、クレープは1人1枚ずつ焼きました。薄いので、フライパンを手で持って火にかざし、焼け具合を見ながら火に近付ける加減を調節するのがコツでした。

こってり仕上がったビーフシチューを美味しくいただきました。

11月の記録(11月27日)
献立のみの記載とします。
・鶏肉とカシューナッツの辛味炒め
・八宝菜
・もやしときくらげのあえもの

「もやしときくらげのあえもの」のように簡単にできるものを数多く知っていると便利だなと思います。

12月の会が終了後、同じ調理台の方3名と喫茶店に行きました。
健康で活動できる年齢の平均値は71歳なので、老後に向けて何かをするのなら、早く始めるほど良いとか、何か後に残したいので、絵を習っているとか、それぞれの老後への取り組みを披露しあった、楽しいひと時となりました。絵を習っている人は展覧会が励みになるとのことで、サックスの場合も人前で吹くと、さらに一歩前進せねばと思うので、習い事はいずれも一緒だなと思いました。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の料理教室「家庭料理の会」(11月度,12月度):

コメント

コメントを書く