« サックス レッスンの記録(95回目) | トップページ | サックスレッスンの記録(96回目) »

2009.04.10

還付金詐欺の電話

2日前に我が家にも還付金詐欺の電話がかかってきました。
我が家の場合はチョッと風代わりな撃退となり、事なきを得ました。

電話には家内が出ました。しばらくすると家内が「何時もお世話になっています。主人と代わります。」と言って「区役所の総務課から。」と言って電話を渡してくれました。
私は最近自治会の補助金の関係で区役所と連絡を取っていたので、てっきりその連絡だと思い、電話に出ますと、「区役所総務課の○○ですが、医療費控除で未だできていない部分があることが分かったので連絡したのですが・・・」と、全く予想外の話しになりました。総務課と名乗る相手の名前も何時もの人と違います。そこで私が「エッ」といった感じでその中身を確かめ始めたら、電話が切れてしまいました。
相手が悪いと先方は察したのだと思います。
振り込め詐欺をしようとしたら、先ず家内から「お世話になっています」と最初に言われて、先方も最初から勝手が違ったと思います。

後で分かったのですが、この「区役所総務課の○○」というのは、最近この種の電話がかかった時の名乗り方だそうです。同じ団地の人で、全く同じように医療費控除の還付金とのことでATMのところまで行って、ATMのところに貼られていた警察署からのビラを見て気が付いた人もいることも知りました。「あなたの受給者番号は○○○・・・です」と教えられるそうで、その番号が98・・・・つまり、この番号を打ち込むとそれが98万・・・円と振り込む金額になるそうです。

この電話がかかった丁度その日に税務署から「国税還付金振込通知書」が届きました。医療費控除や源泉徴収されていなかった社会保険料控除の結果ですが、ささやかな額の還付金です。はがきには「税務署員を装った不審な電話・「振り込め詐欺」にご注意ください」との注意書きがされていました。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 還付金詐欺の電話:

コメント

コメントを書く