« サックスのマウスピースとリード | トップページ | Windows 7へのアップグレード顛末記の補足 »

2009.11.18

WindowsXP → Vista → 7 へのアップグレード顛末記

私のパソコンをWindows 7にアップグレードしました。
ただ、これのため予想外の苦戦をし、メールの一部を無くしてしまう回復不可能のトラブルも起こしてしまいました。
以下は生半可な知識で挑戦した記録です。
また、苦労した結果、新しがり屋の気持ちを満たした以外は何かが良くなったという実感もなく、トラブルでなくなったメールのことを思うとチョッピリ後悔しています。

先ず、8月末のサックスレッスンの帰りに思いついて、Windows Vista アップグレード版を購入し、9月始めにアップグレードしました。アップグレード後は特に問題はありませんでしたが、いくつかのソフトが使えなくなり、そのソフトのバージョンアップのために、費用がかかる羽目になりました。
10月にはWindows 7が発売されるので、この時購入した際のレシートを添付して、Microsoftに3,000円支払うとWindows 7 が自動的に配送されるオプションを申し込みました。

10月末にWindows 7が送られてきて、しばらく置いたままにしていたのですが、11月14日になってWindows 7にアップグレードしたところ、思いがけない結果となりました。
事前にWindows 7 Upgrade Advisorを使って私のパソコンを診断したのですが、OKとの結果が出たので安心してとりかかったのですが、アップグレードできたものの、突如画面が真っ白や縞模様になって固まってしまうことが頻発してしまうのです。それでも我慢して何回も再スタートして保存していたメールのインポート等をしようとしても、直ぐ固まってしまい、操作が完結しません。

それからいろいろ試みて、諦めかかったのですが、ようやく昨日になって原因も分かり、解決できました。
この間はサックスの練習もしないで、パソコンに取り組む結果となりました。

やったことは以下です。
・上書きは止めて、カスタムインストール
・最初のWindowsXPに初期化し、Windows 7 にアップグレード
・最初のWindowsXPに初期化し、Windows Vista → Windows 7 にアップグレード
最初は上書きでアップグレードしたのですが、一度初期化すると上手く行くかもしれないと勝手に考えてやりました。しかし、3回もインストールをやり直したことになりますが、いずれも失敗し、時間の浪費となりました。

最終的には、私のパソコンのグラフィックシステムであるATI RADEON XPRESS 200チップセットのドライバーを最新版にアップグレードしたらなんとかなるかもしれないということがWEBの情報でぼんやり分かり、ATIのページからそれらしいものをダウンロードしてインストールしたところ、何事もなかったかのように、Windows 7が動くようになりました。Windows Aero(うぃんどうず えあろ)という新しい画面操作システムがvistaから採用されているとのことですが、これに私のパソコンのグラフィックボードが対応できていなかったようです。

やっと問題は解決したのですが、その間にWindowsXPとWindows Vistaではメールの保存ファイルが違うことに気が付かず、結果的にVistaで使っていた期間のメールが初期化によってなくなってしまいました。
この間、一時的に予備のパソコンでメールソフトを立ち上げメールののやり取りをするなど、余分なことにも多くの時間をとられてしまいました。

久しぶりにパソコンをいじりましたが、もう以前ほど気力を充実させて取り組む自分ではなくなっていることに気が付きました。面倒くさいと思う気持ちの方が強くなっています。
Microsoftは機能を向上させているつもりなのでしょうが、私のように限られた範囲でしかパソコンを使っていない者からすると、かえってやっかいな使い辛い物になっているのではないかと思いました。
Windows 7からはメールソフトもWindows Liveメールというのに変わりましたが、これは今までのOutlook Expressに較べて使いやすいとも言えません。

これで、私もWindows95→98→Me、2000→XP→Vista→7と使ってきたことになります。買ったパソコンは95、Me、XPで、その時々でアップグレードして使ってきました。しかしXP以降は特別に改善を感じることもなく、このWindowsのコンセプトのままでは限界にきているのかなと思います。

結局、ソフトの再インストール、メールの再整理、アドレスの再整理等、余計なことばかりが増えてしまうことになりました。
結果的に初期化したので、パソコンの掃除ができたことくらいしか成果がない、ここ数日のパソコンとの付き合いです。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP → Vista → 7 へのアップグレード顛末記:

コメント

おじさんのサックス さんへ
他の商品ならこんなにお金を使わせられる商品は成り立たないと思いますが、パソコンだけは仕方なくお金を使わせられますね。
私も、
楽譜作成ソフト
写真編集ソフト
ビデオ編集ソフト
を新規に購入せざるを得ませんでした。
7のメールソフトは使い難く、今回の件で懲りたので、メールソフトは別に使いやすいものを探そうかと考え始めています。
鳴り物入りでバージョンアップが騒がれる割に、また時間をかけた割には優れものになっていなく、なんか変ですね。考える人の感覚が我々凡人ユーザーとは違っているのかなと思ったりします。

投稿: manchan | 2009/11/19 9:07:21

大変でしたね・・・、
本当にPCのOSは悩ましい問題です。

私も何度泣いたことか、数え切れない程です。
で、現在、我が家の稼動PC4台は全てxpのままです。
しかも、2台は、Vistaへのアップグレード付きなのですが、
今のところ、このままxpで行けるところまで行くつもりでおります。

一番の理由は愛用の「DigiOnSound5」が、
どうやら「Vista」にはアレコレ問題があるようす・・・、
「7」はとんでもありません。

投稿: おじさんのサックス | 2009/11/19 7:27:01

コメントを書く