« サックスレッスンの記録(112回目) | トップページ | サックス練習の新兵器を購入 »

2009.12.21

料理教室 お魚基本技術の会(12月度)

12月18日は料理教室の日でした。
今月の献立は以下でした。
・焼きさばずし
・さばの韓国風煮つけ
・さばとあらの鍋仕立て

焼きさばずしはラップで巻いて作りました。今回は他の2品でお腹が一杯になるので、これは持ち帰ることになっていました。たまたまこの日の夜は学生時代の部活OB会の忘年会があったので、このさばずしは家内の夕飯になりました。私は講師が作った一切れと自分が作ったもの一切れを口にしました。
簡単に作れて、美味しいので、また作ってみようと思います。

さばの韓国風煮つけは調味料にコチュジャンを加えるのがポイントですが、美味しい煮物ができました。

さばとあらの鍋仕立ては、中骨も出汁をとるために使いましたが、中骨をいったん湯に通しててから鍋に使いました。こうすることで生臭さが消えるのだそうです。

さばは大き過ぎず、小さ過ぎずで、さばきやすかったですが、魚を3枚におろすのも手馴れてきました。
今回は一人欠席で、女性2人に私が加わった3人で調理しました。「魚がさばける男性なんて素敵ですね」と若い主婦の人に言われ、ちょっといい気分になりました。

帰りに楽器店に寄って、BARIのマウスピースで試してみようと思い、柔らかいリードとしてRicoのJazz Selectの2softを購入しました。比較表で見ると、Vandoren青箱の1.5と1の中間とのことなので、相当軟らかいことになりますが、帰ってから試してみると、開きの広いBARIでは良い感じです。
開きの広いマウスピースの場合は、特に合うリードを見つけるのが大変というのが、今の実感です。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理教室 お魚基本技術の会(12月度):

コメント

コメントを書く