« サックスレッスンの記録(114回目) | トップページ | なんとか吹けたアルトサックスで「津軽海峡冬景色」 »

2010.01.26

料理教室 お魚基本技術の会(1月度)

最近はいろいろと忙しく、ブログの更新も直ぐ間隔が開く状態です。
1月15日は料理教室の日でした。直ぐ書いておこうと思っていたのに、もう10日も過ぎています。
今月は
・ホタテとグレープフルーツのサラダ
・かれいの姿揚げ
でした。
ホタテは生きた貝にフォークを差し込み、貝柱をはずして、食べられる貝柱、ひも、生殖巣を取り出すことをやりました。
「貝も必死で、蓋を閉じるので、しっかりフォークを差し込んでください」と女性の講師の方に教わったのですが、私は最近はどんな生き物であれ、殺生をするのはとても嫌いになっています。女性の講師に平気で「ここまでやれば、貝も諦めて、蓋を開きます」などと言われると、あまりいい気持ちはしません。
でも、結果的には嫌がる貝の蓋を渾身を込めてこじ開け、ホタテのサラダの材料を取り出しました。

かれいをさばくのは、楽しんでやりました。もう随分昔のことになりますが、息子と一緒に釣りをしていた当時、今の季節はかれいをよく釣りに行きましたので、その当時のことを思い出し、また釣りに行きたい気持ちになりました。
中骨以外は頭も含め全部食べられるように、こんがり揚げることができました。
魚は、できるだけ食べられるところはきれいに食べ、食べさしてくれた魚に感謝する気分で食べています。

今年も早くも1月後半となりました。相変わらずの早さで、月日が過ぎて行きますが、今年は新たに、現役時代の企業経験を生かしたボランティア活動に参加することになりました。あるNPO法人の会員になったのですが、時間の使い方を工夫して、活動に参加して行きたいと思っています。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理教室 お魚基本技術の会(1月度):

コメント

コメントを書く