« サックスレッスンの記録(121回目) | トップページ | サックスの新教則本の練習 »

2010.05.17

料理教室 お魚基本技術の会(4月度)
       お米料理の会(5月度)

3月は料理教室は欠席せざるを得なくなり、欠席し、来年に補講を受けることにしました。

4月16日は魚料理の会の最終会でした。
・いなだの若草焼き
・いなだの刺身
・いなだの中華サラダ
を作りました。
大きないなだを三枚におろして作りました。
いなだは「ぶり」の若魚のことですが、関東と関西で呼び名が違うことを知りました。
関東 わかし→いなだ→わらさ→ぶり
関西 わかな→つばす→はまち→めじろ→ぶり

5月13日は「お米料理の会」でした。
料理教室通いも、早いもので、もう6年目になりました。今年はもう止めようかとも思ったのですが、お米の扱い方も知っておきたいと思い、継続することにしました。
・藤の花ずし
・サラダ巻き
・牛丼
を作りました。「藤の花ずし」と「サラダ巻き」は創作料理で初めて食べる味でした。
「藤の花ずし」はみじん切りにしたしば漬けとしらす干しを混ぜたすし飯を焼きのりで巻いて、切ってから藤の花のようにお皿に並べる料理です。
「サラダ巻き」はきゅうり、レタス、ツナ、たまねぎ、マヨネーズ、パブリカを使い、ラップを使ってごはんが周りなるように巻いた巻きずしです。孫に作ってやると喜んで食べてくれるのではないかと思いました。
牛丼は牛肉、たまねぎ、しらたきで作りましたが、簡単にできて美味しいので、材料を確保しておくと、昼などに簡単に作れて便利だと思いました。

今回は約30名のクラスの中で、男性は2人だけでした。
私の調理台も女性3名、男性1名の構成です。

Posted by manchan |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理教室 お魚基本技術の会(4月度)
       お米料理の会(5月度)
:

コメント

コメントを書く